小説『小虎』第3章 竹馬の友(3)

≪前へ    ≪目次≫   次へ≫

お稚児さんを首になって一週間たった。
一月にしては比較的暖かな、
午後だった。

私は怖かったことも、
母に悪い子と責められて悲しかったことも、
すっかり忘れていた。

写真館に行った夜に引いた風邪が治ると、
二郎叔父がお祝いに玩具を買ってくれた。

電動式の、
シンバルを打つ猿のぬいぐるみだった。

猿を片手に廊下から部屋に入ると、
叔母が隣町から遊びに来ている。

祖母とこたつで向き合ってお茶を飲んでいる。

≪前へ    ≪目次≫   次へ≫