小説『小虎』第4章 小虎(7)

≪前へ    ≪目次≫   次へ≫

看護婦さんに傷の手当してもらった私を、
小虎は家の門まで送ってくれた。

夕日を背に小虎はまた遊ぼう、
としっかりとした声で言った。

私の手を力強く握って大きく振った。

冷たい空気の中、
小虎の手が暖かかった。

美登利の母が玄関先で、
お菓子屋の包み紙の箱を手に、
しきりに背中を倒している。

隣を通りぬけて居間で待っていたが、
なかなか話は終わらない。

母がもどってくると、
カステラもらっちゃったわ!
と私に箱を見せてくれた。

私は飴にたかる蟻のように、
母の膝によじ登り抱きついた。

母が、
美登利ちゃんに、
お帽子とコート、
あげたんですって!?
美登利ちゃんのお母さんびっくりしていたわよ!
と私の鼻をぽんと叩いた。

私が今日の出来事を話すと、
母は私を抱きしめて頭を撫でた。

濡れた顔を母のクリーム色のタオル地のエプロンに押し付けた。

≪前へ    ≪目次≫   次へ≫