小説『小虎』第13章 弟橘姫入水(4)

≪前へ    ≪目次≫   次へ≫

ぴかりと閃光が走り、
雷の音がした。

舞台の左袖から雷様の格好をした人が現れた。

青色の布を棒にまとわせた黒子もいた。

五人ほどの黒子は青い布を新体操のようにひらひらさせながら、
舞台の上を縦横に駆け巡った。

雷様は両手に電電太鼓を持ち、
それを振っている。

船の上の人達は一斉に体を丸を描くように動かし始めた。

まるで船に揺られているように見えた。

「や、やや」

「急に風が強くなって波が大きくなってきたようじゃ」

なあにこんな風すぐにやむ、
とヤマトタケルが強がりを言った時だった。

また雷鳴が轟き渡った。

船の上の人が一斉に床に倒れこんだ。

それと共に、
薄布を翻しながら美登利がダンボールの輿の影から現れた。

裳をふわりとさせながら、
ぺちゃんと船の床に膝をついた。

ヒメ!
と直人さんが叫びながら、
立ち上がると、
美登利に向かって這うように歩く。

怪我は無いか?
と美登利の手をいたわるように握る。

美登利はまた輿の影に隠れた。

間もなくざっぱーんという大きな波の音がした。

皆が横に倒れた。

その時また美登利も輿の中から倒れるように姿を見せた。

ええ役立たずの持衰《じさい》め!
ちっとも波風はやまないじゃないか?
とヤマトタケルが怒って持衰《じさい》を脚でどついた。

持衰《じさい》がだるまのように横に倒れた。

お付きが
「早く持衰《じさい》を海に投げ込みましょう!」
船の上の男達が持衰《じさい》を縛り上げると、
三人で船の外にめがけてぽいと蹴飛ばした。

持衰《じさい》が船の外に飛び出した。

黒子によって動かされる青い布が持衰《じさい》を巻き取った。

そのまま舞台の左袖へと消えていった。

≪前へ    ≪目次≫   次へ≫