小説『小虎』第12章 前夜祭の芝居(3)

≪前へ    ≪目次≫   次へ≫

こめかみの辺りにするどい殺気を感じた。

顔を上げると幼顔《おさながお》のお嬢吉三がすごい目で私を睨んでいる。

私はあわあわと口ごもった後、
なんとか台詞を続けた。

正太はそのうち私をいじめだした。

私は正太に懐に手を突っ込まれたり、
袖を引っ張られたり、
下駄で膝を踏まれるたびに

「あれえっ!」
という金切り声をあげる。

私はこのお芝居は何だか暗いし、
台詞はわけがわからないし、
第一正太と一緒に稽古なんかしたくなかったので、
嫌いだった。

だけどこの「あれえっ!」という悲鳴だけは気に入っていた。

全身全霊をこめて懸命に演技をした。

おとせは手をばたばたさせて首をぶんぶん振って、
あれえ!
あれえええ!
と叫び続けた。

びちょんと人が水に落ちるときの効果音がした。

私はああ自分は川に落っこちたんだと、
舞台袖に向かった。

やれやれ終わった、
窮屈な着物と鬘を取ろうと、
楽屋に入ると、
小虎がいた。

私に気がつかない。

私が彼の横を通りすぎても知らん振りしている。

首をあちこちに向けたり楽屋中を動き回っていた。

私がお菓子とジュースを持って畳に座り込むと小虎がじっと私を見ている。

しばらくこちらに目線を釘付けにしていたが、
またきょろきょろし出した。

小虎は楽屋の戸を少し開くと外を覗いた。

私は小虎に近づき、
背中をぽんと叩いた。

「もしかして、僕を探してる?」

小虎が振り向いた。

真ん丸くした目で私を頭の上からつま先までまじまじと見た。

「スグルくん!?」

「そうさ僕さ!」

小虎は目をこれ以上開けたら破裂するんではないかと思うほど大きく見開いた。

黒目に江戸娘の姿の私を映しながら私の顔を穴のあくほど眺めた。

私の脇によると指でうなじをつんとつついた。

手をあげて私の鬘の前髪を撫でた。

両手を下ろして私の襟を触った。

「ス……スグル君が女の子に!」

小虎の満月のような瞳が異様な程輝いている。

「そうさ、さっきみいちゃんと温泉に入ってきたんだ」

小虎は大きな瞳をまばたきもせず私を見つめる。

口をぽかんと開けて両手を胸元でひらいたまま、
体を濡れた猫のようにふるわせている。

「スグル君が女の子になっちゃったっ!」
小虎の声は楽屋中に響き渡っていた。

周りの人がこちらを指差して嘲るように笑っている。

私は急に胸がえぐられるような気がした。

「嘘だ、スグル君、女の子の変装をしているだけだ」

小虎が急に空気がぬけたような表情をした。

私は安堵の息をついた。

≪前へ    ≪目次≫   次へ≫