スサノオとヤマトタケル|ヤマタノオロチ|古事記のあらすじを簡単に

スサノオの乱暴狼藉に怒ったアマテラスは天岩戸に引きこもる

ついにアマテラスは怒って、天野岩屋の戸の中に引きこもってしまいました。

アマテラスが引きこもってしまうと、高天原も葦原中つ国も悉く暗くなってしまいます。

これからは常夜の世界となってしまいました。

万物の災いが悉く起こります。

そこで八百万の神が集まって相談します。

アマテラスのこもっていた天の岩戸の前で
天宇受売命(アメノウズメノミコト)という踊り女が蔓(かずら)をたすきがけににして、マサキカズラ(植物名)を髪に飾り、手には笹の葉を束ねて持ち、桶を伏せてその上に立って踏みならしました。

天宇受売命(アメノウズメノミコト)は踊っているうちに神がかって来て、胸をはだけ、ホトをあらわにします。

すると八百万の神様たちがどっとわらいます。

アマテラスは思います。

アマテラス

わたしが岩戸にこもっていて、高天原も葦原中国も暗いというのに、なぜ アメノウズメは遊びをして八百万の神は笑っているのかしら……

すると岩戸の外からこう声がしました。

アマテラスさまより貴い神様がいらっしゃったのです、だからみな喜んで、遊んでいるのです

アマテラス

まあ、私より貴い神?

そう思うアマテラスの前に神様たちは

このかたですよ
と鏡を差し出しました。

アマテラスが見たのは鏡の中に映った自分でした。

アマテラスはどうしても気になり、ほんの少しだけ戸から出たところ、戸の陰に隠れていた力の強い男神がアマテラスの手をとって、外に引っ張り出しました。

しめ縄をアマテラスの後ろのほうに引き渡して、

これよりなかに戻ることはできませんよ
といいました。

アマテラスが岩戸から出てくると高天原も葦原中国も光を取り戻しました。

八百万の神は協議して、スサノオの髭と手足の爪を切り、祓いをすると追放しました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15