わかりやすい古事記のあらすじ|ヤマトタケルの西征

恐るべき少年 ヤマトタケルの子供時代

景行天皇には大碓(オオウス)小碓(オウス)という皇子がいました。

天皇はあるとき、三野の国造の祖先である大根王にエヒメ、オトヒメ、という美人姉妹がいると聞いて、側女にしたいと思いました。

そこでオオウスに三野の国を訪れて、二人の美女をつれてくるように命じます。

ところが、オオウスは二人の美人姉妹を連れて来ると自分の妻にしてしまい、他の女性をエヒメ、オトヒメだと偽って、天皇に献上しました。

オオウスは、天皇にはほかにたくさんの女性がいることを妬ましく思っていたのとまた自分が結婚していないことで悩んでいたのです。

オオウスとエヒメ、オトヒメの間には子供も生まれました。

さてオオウスは父に嘘をついていたので後ろめたかったのでしょうか?

オオウスは天皇の朝夕の食事にやってこなくなりました。

そこで天皇はオウスにこう言いました。

天皇

おまえの兄、オオウスは、最近ちっとも朝夕の食事にやってこないぞ。

よくないことだな。

おまえはお兄さんをよくねぎさとして連れていらっしゃい。

「ねぎさとして」というのは よくねぎらい、(兄が二人の美女をつれてきたことを)、さとす(ちゃんと食事にくるように教え聞かせる)という意味です。

しかしそれから五日たってもオオウスは現れませんでした。

そこで天皇はオウスにこうおっしゃいました。

天皇

いまだにお前の兄はやってこないぞ。

もしかしてまだお前は兄に言っていないのではないか?

するとオウスは

オウス

僕はもう兄上をねぎさとしました。
と答えます。

そこで天皇が

天皇

どのようにねぎさとしたのか?
と問うと、

オウスは驚きの返答をします。

オウス

兄上が朝、便所に入るのを待ち構えて、捕らえて、握って打って、その腕をひきかき、こもにつつんで便所に捨てました。

クマソタケル征伐 ヤマトタケルの誕生

我が子ながらなんて気性が荒いのだろう。

恐ろしい((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

そばにいて欲しくない。

そう思った天皇はオウスに、こう命じました。

天皇

西の方にクマソタケルという二人の兄弟がいる。

我が国に従わない礼儀知らずな連中だ。

そのクマソタケルたちをせいばいしてまいれ!

その時オウスはまだ十五、六歳の若者でした。

ろくな軍隊もつけてもらわずに初めての遠征、不安に思ったのでしょうか?

西征に行く前に、おばのヤマトヒメを訪ねます。

オウス

おばさん、僕はどうしたらよいでしょう?

ヤマトヒメ

オウスよ……これを持っていきなさい。

ヤマトヒメは自分の着物をオウスに渡しました。

ヤマトヒメから着物をもらうと、オウスは剣をふところにいれて西にむかいました。

オウスはクマソタケルの屋敷に到着します。

オウス

守りが堅そうな屋敷だなあ、とても入れそうにないや

クマソタケルの屋敷の周りは兵隊が三重に囲んでいて、山の岩窟をつくっています。

新築祝いだそうで、ご馳走の準備をしています。

そこでオウスはしばらくはクマソタケルの屋敷の周りをうろうろして、新築祝いの宴の日を待ちました。

そしてその新築祝いの宴の日には、オウスは結っていた髪をたらして、おばのヤマトヒメからもらった着物をまとい、少女の姿になりました。

そしてオウスは女性の間に交じり、クマソタケルの屋敷に入りこみました。

クマソタケル兄弟は少女に変装したオウスを可愛いと心惹かれ、兄弟の間に座らせ、おしゃくをさせます。

宴のたけなわる時に、オウスはふところより剣をだすと、クマソタケル兄弟の兄の方の衣の襟をつかんで、剣を胸から刺し通しました。

するとクマソタケルの弟が逃げ出します。

弟を階段の下まで追い詰めると、オウスはその背をつかんで、つるぎを尻から刺し通しました。

尻から剣を刺し通されたクマソタケル弟がこう言います。

クマソタケル

その太刀をまだ動かさないでください、あなたに言いたいことがあります。

オウス

よし、まだ殺さないで待ってやろう。

クマソタケル

あなたはだれですか?

オウス

俺はは纒向日代宮(まきむくひしろのみ)にいらっしゃって、
大八島国(おおやしまくに)をお治めになる、
大帯日子淤斯呂和氣天皇(おおたらしひこおしろわけのすめらみこと)の御子、
名前は倭男具那王(やまとおぐなのみこ)だぞ!

お前どもクマソタケルの二人が、天皇にしたがわず礼儀知らずだと天皇がお聞きになって、
俺にお前どもを取り殺せとお命じになったので、やってきたのだ!

クマソタケル

そうでしたか、この国には私達二人をおいて、他に強い人はいませんでしたが、大和の国には私よりも強い男がいたとは(゚д゚)!

ここで私はあなたに名前をさしあげましょう。

いまよりあなたはヤマトタケルの御子と名乗ってください!

クマソタケルがそう言い終わると、オウスはクマソタケルを殺してしまいました。

その時よりオウスはヤマトタケルノミコトと名乗るようになりました。

イズモタケル征討 ヤマトタケルのだまし討ち

ヤマトタケルノミコト(以下ヤマトタケル)はクマソを発つと、今度は出雲の国に行きました。

その国の長であるイズモタケルをやっつけようと思って、まずは仲良くなりました。

ヤマトタケルはひそかに赤ヒノキで、偽物の太刀を作ります。

ヤマトタケルはイズモタケルに一緒に水浴びをした後、川から上がって着物を着るときに、イズモタケルにこうもちかけます?

ヤマトタケル

仲良くなったしるしに、お互いに、太刀を交換しないかい? 

イズモタケルはヤマトタケルの言う通りにして、ヤマトタケルが作った偽りの太刀を佩きました。

こんどはヤマトタケルはイズモタケルに

ヤマトタケル

太刀合わせをしようよ!

ヤマトタケルとイズモタケルは一緒に太刀を抜こうとしますが、イズモタケルの佩いた太刀は偽物ですから、抜くことができません。

ヤマトタケルはまごまごしているイズモタケルを立ちで斬ってしまいました。

イズモタケルを亡きものにした後、ヤマトタケルは歌をうたいます。

ヤマトタケル

やつめさす イズモタケルが佩ける太刀 つづらさわまき さみなしあわれ
(イズモタケルが佩いている太刀は、ツルを立派に巻いているが、実は刀身がないんだよ。ああおかしい!)

続きはこちら

ヤマトタケルの東征