小説『小虎』第20章 彼(1)

≪前へ    ≪目次≫   次へ≫

高校二年生の八月の初めだった。

私はその日の夕方、
JRとローカル線の乗り換え駅まで出かけた。

直人さんお勧めの参考書が近くの本屋になかったので、
その駅の近くの大型書店に行ったのだ。

家へ向かう電車は珍しく混んでいた。

私はドアの近くの柱の横を陣取った。

参考書を早く見たくてたまらない。

本を本屋のビニール袋から取り出し、
夢中で読み出した。

電車が家の最寄駅より一つ前の駅に止まった。

邪魔だよ!
という低い声がして男が私を押しのけてホームに下りた。

手から本がつるりとすべり、
電車とホームの間に落ちた。

発車ベルがけたたましく鳴る中、
私はホームに落りた。

電車が行ってしまった後、
私はホームの下を覗き込んだ。

もう薄暗く良く見えない。

私は階段を昇った。

二つ並んだ改札は無人だった。

右の窓口の中では
半袖からでっぷりとした二の腕を見せた駅員がいた。

太った腕でけだるそうに、
なにかの帳簿をつけている。

私があのうと遠慮がちに口を開くと、
駅員は昼寝から起こされた猫のように顔を上げた。

私が線路に本を落としてしまったんですけど、
と訳を話すと、
自分で落としたものは自分で取れ、
とめんどくさそうにまた帳簿に視線を移した。

≪前へ    ≪目次≫   次へ≫