小説『小虎』第25章 インターネット時代(1)

≪前へ    ≪目次≫   次へ≫

「ただいま」

パソコンでニュースサイトを見ていると、
カチャリとアパートのドアが開いた。

妻のゆり子が入って来る。

編み込みにした髪をアップにしてビーズのへアクセサリーをつけている。

ロングブーツを脱ぎ、
フェイクファーの白いコートを取ると、
ドレスはふわふわとしたバレリーナを思わせるようなピンクのスカートだった。

いつもに増してかわいい。

高校時代の友達の結婚式だったそうだ。

ああ疲れた!
と床に大きな紙袋を置いた。

式場で使ったのをもらったの、
と紙袋からいく塊かの花束を取り出す。

根元に巻かれていたティッシュを取って、
少し茎を切り、
花瓶に生けていく。

あまり花が多いので花瓶が足らず、
コップにも生ける。

テーブルの上がカーネーションやスイトピーの花だらけになった。

冬の夜、
我が家のダイニングにだけ春が訪れたかのようだった。

「あのカップルなんだか親近感持つわ。
あの人たちもネットで知り合ったんですって」

「僕達はネットで知り合ったんじゃなくて、
小学校の時の同級生じゃないか?」

「でもSNSがなければ私達、
卒業以来二度と会わなくて、
結婚なんかしなかったわ」

≪前へ    ≪目次≫   次へ≫