イザナギ イザナミ|子供をたくさん産んだ国生みの神様|わかりやすい古事記のあらすじ

困ったちゃんもいるよ

天照大御神(あまてらすおおみかみ)と月読命(つくよみのみこと)はイザナギノミコトのいいつけどおり、高天原と夜之食国を統治しました。

一方、湏佐之男命(すさのおのみこと)は海の統治をしないで、あごひげが伸びてみぞおちに至るまでの長い間泣き喚きます。

佐之男命(すさのおのみこと)があまりによく泣くので、青い山が涙のための水分としてとられて、枯れてしまいます。

海や川が涙の為に水分としてとられて、干上がってしまいました。

このため、荒ぶる神の声が世界に蠅のように満ち、よろずのものの災いがことごとくおこります。

イザナギノミコト

スサノオよ……
なぜ海原を支配しないで、泣いてばかりいる?

スサノオノミコト

私は根之堅州国(ねのかたすくに)にいる母上が恋しくて会いに行きたいのです。
うえーん!!。・゚・(ノД`)・゚・。

イザナギノミコト

それならお前はこの国に住むな!
ヽ(`Д´)ノプンプン

イザナギノミコトは大変怒って、佐之男命(すさのおのみこと)を追放してしまいました。

その後イザナギノミコトは近江の多賀大社に鎮座しています。

古事記のイザナギノミコトはここで退場します。

このあとは天照大御神(あまてらすおおみかみ)、湏佐之男命(すさのおのみこと)の物語となります。

参考文献
中村啓信『新版 古事記 現代語訳付き』株式会社KADOKAWA(平成26年)

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10