イザナギ イザナミ|子供をたくさん産んだ国生みの神様|わかりやすい古事記のあらすじ

おのごろ島

天つ神(あまつかみ)からの命令で、イザナギノミコト(男神)とイザナミノミコト(女神)はまだできたばかりで、水に浮いた油のような国を整えることになりました。

天つ神から授けられた天の沼矛(あめのぬほこ)をもって、天の浮橋に立ちます。

イザナギノミコトとイザナミノミコトは沼矛(あめのぬほこ)を下におろして、海をかきまわしました。

矛を引き上げると、矛から塩がしたたりおちて、島となりました。

この島はおのごろ島といいます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10