イザナギ イザナミ|子供をたくさん産んだ国生みの神様|わかりやすい古事記のあらすじ

女性から先に声をかけてはいけない

イザナギノミコトとイザナミノミコトはその島に降りて、大きな柱のある、立派な御殿をたてました。

おのごろ島に立派な御殿をたてると、イザナギノミコト(男神)はイザナミノミコト(女神)にこう尋ねました。

イザナギノミコト

あなたの体はどうなっていますか?

イザナミノミコト

私の体には一か所足りない所があります

イザナギノミコト

そうでしたか。

私の体には一か所余っているところがあります。

私の体の余っているところを、あなたの体の足りない所にさしてふさいで、国を産もうと思いますが、どうでしょう?

イザナミノミコト

賛成!

イザナギノミコト

それでは、私とあなたは、この柱の周りを歩いて会ったところで、結婚をしましょう。

あなたは右から歩いてきてください。私は左から行きます。

そう約束すると、さっそく二人は実行することにしました。

イザナミノミコトが柱の右側から、イザナギノミコトがが柱の左からやってきて、出会ったところでお互いに声を掛けます。

イザナミノミコト

ああ! なんて素敵な男性でしょう!

イザナギノミコト

ああ! なんて素敵な女性だろう!

イザナミノミコトは子供を産みました。

しかし生まれたのは水蛭子(ひるこ)といって不具の子でした。

二人は水蛭子(ひるこ)を葦の船に入れて、海に流してしまいました。

次に淡嶋という子をうみましたが、これも水蛭子(ひるこ)と同じ調子でした。

どうしてよい子供が生まれないのだろう……

悩んだ二人は、天つ神に相談に行きました。

天つ神は二人の話を聞くと、ふとまに(鹿の肩甲骨を焼いてひびによって判断する日本古代の占い)をしてこう言います。

天つ神

女から声をかけたのがいけなかったのじゃ。

おのごろ島に帰ってまたやりなおしなさい

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10