イザナギ イザナミ|子供をたくさん産んだ国生みの神様|わかりやすい古事記のあらすじ

国生み

イザナギノミコトとイザナミノミコトはおのごろ島に帰ると、さっそく天つ神に言われた通りにやりなおしました。

柱の両側から歩いてきて出会うと、今度はイザナギノミコトから声をかけます。

イザナギノミコト

ああ!
なんて綺麗なおとめだろう!!

イザナミノミコト

まあ!
なんてカッコいい男性でしょう!

そして二人が交わると、次々と子供が生まれます。

二人が生んだのは

  • 淡道の穂の狭別嶋(あわじのほのさわけのしま)・・・・・兵庫県の淡路島
  • 次に伊豫の二名嶋(いよのふたなのしま)・・・・・四国
    この島は体は一つで顔が四つある、愛比売えひめ(愛媛県)、飯依比古さぬひこ(香川県)、大冝都比売おおげつひめ(徳島県)、建依別たけよりわな(高知県)
  • 隠伎の三子の嶋
  • 筑紫嶋(九州)
    この島も体は一つで顔が四つあり、顔ごとに名前があります。そしてそれぞれが、筑紫国(福岡県)、豊国(福岡県東部および大分県全域)、肥国(熊本県)、熊曽国(熊本県) にあたります
  • 伊岐嶋
  • 大倭豊秋津嶋(本州)
  • 備の児嶋(岡山県の児島半島)
  • 大嶋(山口県屋代島?)
  • 女嶋(大分県姫島?)
  • 知訶嶋(長崎県五島列島)

など……

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10