古事記と日本書紀のあらすじを簡単に|神功皇后|卑弥呼説もある古代の女傑|

神功皇后の新羅征討

皇后は神様の教えのとおりに、軍を整え、海を渡っていきました。

するとなんということでしょう!

海の魚たちが、船を背負って西に行くのを手伝ってくれました。

おまけに強い追い風が盛んに吹き起り、船は波に乗って走ります。

その大波は何と新羅の国に大津波を起こし、国土の半分まで覆ってしまいました。

そこで新羅の王は恐れおののきあっさり服従しました。

(新羅王)
今からは天皇のおっしゃるとおりにします。

我が国は、天皇のお馬の飼育係になります。

毎年船を船の天皇のお国に送ります。

我が国から天皇の国に送る船の腹や棹、舵が乾く暇もないほどに、天地のある限り、永遠にお仕えします

新羅征討も無事に終わり、皇后は国に戻ることにしました。

倭国に戻る前に皇后は臨月となりました。

そこで石を腰につけるおまじないをして、出産を伸ばしました。

筑紫の国に渡ったところで皇后は男の子を生みました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12