古事記と日本書紀のあらすじを簡単に|神功皇后|卑弥呼説もある古代の女傑|

神功皇后の男装

また皇后は海辺に行き、髪をといて、

もし霊験あるなら、髪よ、自然に分かれて二つになれ
と祈りながら、髪を海入れてすすぎました。

すると髪は自然に二つにわかれました。

そこで皇后は髪をそれぞれに結びみずらにしました。

つまり男性の髪型になったのです。

皇后は群臣にこう宣言しました。

今、征討軍を派遣しようとしている。

この事を群臣に託した。

もし事が成功しなかったら、罪は群臣にあることになる。

これでは、はなはだ心痛むことである。

私は婦女であり、そのうえ不肖の身である。

しかしながら、しばらく男性の姿となり、強いて雄大な計略を起こすことにしよう。

上は天神地祇の霊力をこうむり、下は群臣の助けによって軍団の志気を振るい起こし、けわしき波を渡り、船舶を整えて財宝の土地を求めよう。

もし事が成功すれば、群臣よ、共にそなたたちの功績となろう。

事が成就しなければ、罪は私一身にある。

どうか群臣よ、共に議せよ。
(宮澤 豊穂訳『日本書紀 全訳【上巻】』ほおずき書籍)

「もし成功すればそなたたちの功績。もし失敗したら罪は私にある」という謙虚で責任感のある言葉に群臣は感動したことでしょう。

群臣はこう言って皇后に従います。

皇后は天下のために、国家を安らかにはこぶ手立てを考えられました。

一方では、罪は臣下に及ばないとおっしゃっています。

この上は、謹んで詔を承りましょう。
(宮澤 豊穂訳『日本書紀 全訳【上巻】』ほおずき書籍)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12