古事記と日本書紀のあらすじを簡単に|神功皇后|卑弥呼説もある古代の女傑|

準備はちゃくちゃくと

皇后は諸国に命じ船舶を集めて、兵士を訓練させました。

しかし兵士の集まりがよくありません。

そこで皇后は大三輪社(おおみわのやしろ)を立て、刀、矛を奉ると兵士が自然と集まりました。

皇后は使者に命じて西の海に国があるかどうか視察させました。

使者は西の海にでかけて、「国は見えません」と言いました。

また別の使者を西の海に派遣するとこう言います。

(使者)
西北の海上はるかに山が見え、雲が横たわっています。

きっとその下に、国があるものと思われます。

皇后は戦争の心構えを群臣に言い渡します。

鐘鼓の音が乱れる時には秩序を失い、標識の軍旗が乱れる時には、士卒を統率することはできない。

財物を貪り欲深くなり、私事のみを思い妻妾のことに心が奪われると、必ず敵のために虜にされるだろう。

よいか、敵は少なくとも、決して侮ってはならぬ。敵が強くとも、屈してはならぬ。

婦女を暴行する者を許してはならぬ。降服してくる者を殺してはならぬ。

もし戦いに勝ったならば、必ず恩賞を与えよう。

戦場で逃亡するようなことがあったならば、厳罰が下されるだろう。
(宮澤 豊穂訳『日本書紀 全訳【上巻】』ほおずき書籍)

さて、皇后はそのとき臨月でした。

皇后は石を取って腰に挟み、

事をなし終えて帰って来るその日に、ここで生まれますように
と祈りました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12