スサノオノミコトとヤマトタケルノミコト|古事記のあらすじを簡単に

ヤマトタケルの東征

ヤマトタケルが国に戻ると、天皇はヤマトタケルにこうおっしゃいました。

天皇

東方の荒ぶる神と従わない人どもを言い聞かせて従わせろ!

出征にあたって天皇がヤマトタケルに与えたのは、つきそいと、ヒイラギの長い矛だけ。

軍隊は与えてくれなかったのです。

この天皇の命令を受けて出発したヤマトタケルは、伊勢神宮に参拝しました。

ヤマトタケルは、伊勢神宮のおばのヤマトヒメにあうとこう言って泣きました。

ヤマトタケル

父上は私が死ぬことを望んでいらっしゃるのだろうか?

西国の平定からもどってきてから、まだそれほど時間もたっていないのに、私に軍隊もあたえないで、東国の平定をお命じになるとは……

こんなことをおっしゃるのは私が死ぬことを望んでいらっしゃるに違いない!

ヤマトヒメはヤマトタケルに草薙の太刀を与え、また袋を与えて、ヤマトタケルをなぐさめました。

草薙の剣

草薙の剣(くさなぎの剣)

ヤマトヒメ

もし危険なときは、この袋の口を解きなさい

ヤマトタケルは尾張の国に行き、尾張の国のみやつこの祖先美夜受比売(ミヤズヒメ)の家に滞在しました。

ヤマトタケルはミヤズヒメと結婚したいと思いましたが、今は、東国に行く途中です。

そこで、東国から戻ってきたときに結婚しようとミヤズヒメと約束して、東に向かいます。

ヤマトタケルは山河の荒ぶる神と天皇にしたがわない人々を説得して、従わせました。
続きを読む

おススメ

クマソタケルの館にて(ヤマトタケルを題材にした中編小説です)

クマソタケルの館にて

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15