スサノオとヤマトタケル|ヤマタノオロチ|古事記のあらすじを簡単に

オトタチバナヒメ ヤマトタケルの献身的な奥さん

そこよりさらにいって、走水の海(三浦半島と房総半島の間にあります)を渡ろうとしました。

そこの海の神様が波を起こします。

船がくるくるまわって、なかなか船が進みません。

そこでヤマトタケルの妃の弟橘比売命(オトタチバナヒメノミコト)が

オトタチバナヒメ

私がヤマトタケルさまに代わって海の中に入ります。
ヤマトタケルさまは東征を成功させ、大和に帰るべきです

と言って、海に身を投げることを決意しました。

オトタチバナヒメは畳を波の上に敷いて、その上に座ります。

オトタチバナヒメが波間に消えていった後、荒波が静まって、船も前に進むようになりました。

ヤマトタケルは自分のために犠牲になってくれた、オトタチバナヒメを思って歌を詠みます。

ヤマトタケル

「さねかし 相模(さがむ)の小野に 燃ゆる火の
火中(ほなか)に立ちて 問ひし君はも」
(現代語訳 相模の野で炎が燃える中、君は私の名を呼んでくれた・・・・相模で国造に火を放たれたときのことですね。)

オトタチバナヒメが海の神の犠牲になってから、七日たちました。

海辺にオトタチバナヒメの櫛が落ちているのをヤマトタケルは見つけました。

ヤマトタケルはその櫛を埋めてお墓を作りました

それからヤマトタケルは荒ぶる蝦夷(えみし……東国の異民族)たちを、ことごとく説得して、また山河の荒ぶる神たちも説得して、天皇に従うようにさせました。

東国の平定が終わり、西に帰るときに、ヤマトタケルは足柄山に登ると、

ヤマトタケル

あづまはや(わが妻よ!)
とオトタチバナヒメを思って嘆きの声を出しました。

それ以来、この地方は「あづま」というようになりました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15