谷崎潤一郎の短編『富美子の足』ネタバレ

はじめに

大正八年の五月のある日、小説家谷崎潤一郎のところに、手紙が届きました。

それは野田宇之吉という、若い画学生からの手紙です。

手紙の内容は画学生のみずからの経験をつづったものでした。

画学生は自分の経験は価値があるから、ぜひ谷崎先生の文才で小説にしてほしいと頼みます。

さて画学生はどのような経験をしたのでしょうか?

細かい女性美の描写が圧巻の足(または脚)フェチ文学です。
続きを読む