『母を恋ふる記』あらすじ 感想

三味線の音

潤一が歩き続けていると、遠くから三味線の音がしました。

それは

天ぷら喰いたい、天ぷら喰いたい
と言っているように聞こえています。

潤一が三味線の音が「天ぷら喰いたい」と言っているように聞こえるようになったのは、まだ日本橋で裕福な暮らしをしていたとき、ばあやが、家の近くを通った弾き流しをしている芸人の三味線を聞いて

ほら、ね、あの三味線の音を聞いていると、天ぷら喰いたい、天ぷら喰いたい、と 云っているように聞えるでしょ。

ねえ、聞えるでございましょ

と言っていたからでした。

天ぷら喰いたい……天ぷら喰いたい……
という三味線の音を聞きながら潤一は長い間歩き続けます。

もう二年も、三年も、ひょっとしたら十年も歩き続けたような気がしました。

潤一は歩きながら、

私はもう此の世の人間ではないのかしら?
人間が死んでから長い旅に上る、其の旅を私は今しているのじゃないかしら
と思います。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12