谷崎潤一郎『人面疽』あらすじ 感想

不思議な映画の噂

さてそんな逆輸入女優、歌川百合枝に最近不可解なことがあります。

百合枝は近頃、自分が女主人公となって活躍している映画が東京の場末のあまり有名ではない映画館で上映されているという噂を聞いていました。

それは彼女がアメリカの映画会社に所属していたころに撮影されたものらしいのです。

タイトルは邦題は「執念」英語のタイトルは「人間の顔を持ったできもの」です。

かなり長い映画で、非常に芸術的で、憂鬱にして怪奇を極めた作品として評判らしいのです。

しかし百合枝はアメリカにいるときに、そんなタイトルの映画に出演をした記憶はありません。