谷崎潤一郎『少年』あらすじ

光子、女王となる

そのあくる日から光子、信一、仙吉、栄ちゃん、四人の関係は変わっていきました。

仙吉、栄ちゃんはもうすっかり光子の下僕です。

信一は当初こそ光子の言葉に逆らったりしましたが、そんなことをすれば、仙吉、栄ちゃんにいじめられてしまいます。

次第に信一もすっかり光子の家来となりました。

その後光子は長い間、四人の子供の女王として君臨しました。

光子は三人を奴隷のように扱います。

「腰掛におなり」と四つん這いにさせたり、湯上りの爪を切らせたり、鼻の穴の掃除を命じたり、しまいにはUrineを飲ませたり……