長編小説『小虎』


長編小説『小虎』

友情と不思議とノスタルジーと……

♪.:*:’゜☆.:*:’゜♪.:*:’゜☆.:*:・’゜♪.:*:・’゜☆.:*:・’゜♪.:*:・’゜

東京で暮らすスグルには、故郷に忘れられない幼馴染がいた。

いつも自分を犠牲にして助けてくれた彼に、僕は何もしてあげられなかった。

優しく切ないブロマンス。

♪.:*:’゜☆.:*:’゜♪.:*:’゜☆.:*:・’゜♪.:*:・’゜☆.:*:・’゜♪.:*:・’゜

昭和末期から平成初期の日本の田舎町を舞台とした、ノスタルジックな男の子の友情物語です。

あやかしも出てきます。

約10万字。文庫本一冊ぐらいの長さです。

下記のキーワードに一つでもピンときた方は、ぜひぜひお読みください(^▽^)/  2017年作

幼馴染/青春/友情と愛情/ブロマンス/あやかし/神社/不思議な物語/美少年/泣ける/切ない/昭和末期/平成初期/ノスタルジー/郷愁

宇美のそのほかの小説について

目次

1   粉雪舞う日   (1) (2) (3)

2    母の涙    母の涙

3     竹馬の友   (1) (2) (3) (4) (5)

4    小虎  (1) (2) (3) (4) (5)   (6) (7) (8)

5   祭りの日 (1) (2) (3) (4) (5)

6   祭りの後 (1) (2) (3) (4)

7   再会      (1) (2) (3) (4)

8   頼みの綱 (1) (2) (3) (4)

9   スケッチブックの中の友達 (1) (2) (3) (4)

10   小虎と猫 (1) (2) (3) (4) (5)

11   先客 (1) (2) (3) (4)

12   前夜祭の芝居 (1) (2) (3) (4) (5)   (6) (7)

13   弟橘姫入水 (1) (2) (3) (4) (5)   (6) (7) (8) (9)

14   めでたいな  (1) (2)

15   転校 (1) (2) (3) (4) (5)

16   茶畑の中の学校  (1) (2) (3) (4) (5)  (6) (7) (8)

17   友との帰省 (1) (2) (3) (4)

18   突然の知らせ (1) (2) (3) (4) (5)

19   噂 (1) (2) (3)

20   彼  (1) (2)

21   会いたくて (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)

22   真冬の夜 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)

23  さよなら故郷 (1) (2) (3) (4) (5) (6)(7) (8) (9) (10) (11) (12)

24   薄情者 (1) (2)

25   インターネット時代 (1) (2) (3) (4) (5) (6)

26   それから (1) (2) (3)  (4)

27   積年の思い (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)

28   エピローグ (1) (2) (3)