谷崎潤一郎『魔術師』耽美な名作

公園に向かう

主人公は恋人と通れ立ち、公園に向かいました。

街頭の人ごみを眺めていた主人公は、その雑踏に異様な現象が現れていることに気が付きます。

町の四方から四条の道路が、四つ辻の噴水に集まっています。

そのうち北、東、西から来た道路はみな四つ辻の広場に集まった後、皆そろって南の道路に向かうのです。

いったい南の道路の先には何があるのでしょう。

(彼女)
御覧なさい。

これ程大勢の人たちがみんな公園へ吸い寄せられて行くのです。

さあ! われわれも早くでかけましょう!

恋人にこう言われて。主人公は南の道路を進みます。

雑踏の中で彼女とはぐれないように、鉄の鎖の如く頑丈に腕を組みあって南に向かいました。

周りの人々は異常なほどバカ騒ぎをしています。

主人公は周りのバカ騒ぎをする人々と彼女を比べて、彼女のしとやかさ、純潔さにハッとします。

一時間程たち、公園にたどり着きました。

それまで同じ方向に一斉に進んでいた人々は散り散りになり、思い思いの方面へと散らばっていきます。