谷崎潤一郎『魔術師』耽美な名作

空想の中、主人公と彼女の愛の会話

さて主人公は彼女と歩きながら、心の中でこんな彼女との会話を空想します。

(主人公)
君のような正直な、柔和な乙女が、この恐ろしい街の景色を、どうして平気で見て居られるのだろう
(彼女)
わたしにはあなたという恋人がいるからです。

恋の闇地に入った者には、恐ろしさもなく恥ずかしさもない。

(主人公)
僕にはとても、君のような優しい女の子の恋人になる資格はないのだ。

君は僕と一緒になってこの公園に遊びに来るには、あまりに気高い、あまりに正しい人間なのだ。

僕は君に忠告するよ。

君のためには、二人の縁を切ったほうが、どんなに幸福だかわからない。

僕は君がこんな所へ平気で足を踏み入れる程、大胆な女になったかと思うと、自分の罪が空恐ろしく感ぜられる。

(彼女)
私は覚悟しています。

今更あなたに聞かなくても、私にはよくわかっています。

あなたと一緒に、こうしてこの町を歩いている今の私が、自分にはどんなに楽しく、どんなに幸福に感ぜられるでしょう。

あなたが私を可哀そうだと思ったら、どうぞ私を永劫に捨てないでください。

私があなたを疑わないように、あなたも私を疑わないでいて下さい。

空想の中の会話となっていますが、この小説自体が夢かうつつかわからない夢想的な作品です。

この二人の会話は、実際に起こったことと同じ、と考えてよいでしょう。